ws000414

 

商品名: 噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法

著作:吉岡 千絵

概要

噛む、やたらに吠える、とにかくすぐうなる、など愛犬の困った行動を改善させる方法をドッグトレーナー山本卓(やまもとたかし)がお届けする「愛犬のしつけ講座」のマニュアルになります。現役のドッグトレーナーが述べ1000件以上の犬の問題行動を解決し成功させている方法を公開しています。

カリスマトレーナーのしつけ法でのメリット

「愛犬のしつけ講座」は、よくある犬の問題すべき行動というのは、人間にとっての同じく問題行動であり、犬にとってはやむを得ない状況なのです。そうなることは犬自身にとってもかなりのストレスであることがわかります。犬はもちろん、そして人間にも同じようにストレスを生み出すこれらの行動はなんとか早いところ止めさせて手をうたなくてはいけないのだと考えます。

 

やがて凶暴性が日増しにひどくなってくると、もう触れない、近寄れない・・といった具合に進行してしまいます。しかし、たとえそんな状況であったとしても、わずかな突破口を見出ししつけをしていくことは可能性としてはあるのです。出来るところから絶対に後戻りしないようにしつけていくことこそ、著者 山本氏のしつけ法なのだといいます。また、飼い主様さんも愛犬のこの様な行動で頭を悩ませているのかもしれませんが、その一方で愛犬の方も、常に怯えていることから、身を守ろうと必死になろうと、言葉に出して言えないだけに辛さとストレスを抱えているのです。

 

たとえ、今の愛犬がどんな状態でもあろうとも、まずあきらめないでください。愛犬は何か理由があって吠えているのであり、生活の中でも吠えることこそが習慣化されてきています。そして、これら犬の心理を組みとり理解するにあたって考えていただけば、愛犬の問題行動を改善させることは、とても簡単であるといえます。しつけ自体を難しく考え過ぎている人が多いのだと山本氏はいいます。

 

飼い主であるあなたがこれまで思い込んでいた習慣を変えることにより犬のしつけについても難しく考えることがなくなります。問題行動こそあなたと愛犬の今の生活の中に要因があるのだと思われます。まずはそこから改善させていくことで、 犬にとってもストレスを軽減できるおりこうさんの状態が維持されます。

 

「今すぐ、数秒でなんとかしたい!」?と言う方には該当いたしかねるものの、ワンちゃんの問題行動で悩みたくない、時間をかけてでも向き合って解決したい、という方への犬のしつけ法であれば改善策をお伝えできるのは十分に可能です。これらのマニュアルに従い熟知して実践に至ることができれば、必ず愛犬の問題の原因を見つけることができて、改善することができれば、もはや愛犬のことで頭を悩ますことはなくなってきます。

この教材をおすすめ出来る人

以下の愛犬の行動でお困りの飼い主の方に「噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法」のマニュアル教材をおすすめしています。触るだけでもうなったり吠えたりして起こるので飼い犬といえど接し方についてがよくわからない。とにかく落ち着きがなく動き回るので改善させたい。チャイムが鳴っただけで必要に吠えて止まらないので近所迷惑にならないか心配になる。

 

散歩の最中引っ張り癖があるのでリードを持っている方が転びそうになる。人、動物、物音に何か反応して吠え始めると止まらなくなる。家族に対しても本気で咬みつくことが多々あるので対処方法に困っているなど。これらの問題ともとれる犬の行動について嚙む犬専門にしつけをしてきた著者のドッグトレーナー山本氏が改善方法を説明しています。

 

山本氏がいうに、犬自身も噛む理由というのがなければ噛むことはなく、同様に吠える理由というもなければ吠えることないといいます。愛犬が噛んだり、吠えたりする理由の中にこそ日常生活で何かしらの要因があるのだとも述べています。そのあたりを犬の気持ちに置き換えて考えるに至って、愛犬との暮らしがさらに前向きで明るいものとなってくるのです。

まとめ

なぜ、あなたの飼っているワンちゃんが凶暴になったり、何かと唸ったり吠えたりするのか、その原因こそ、飼い主であるあなた自身の生活の習慣こそが知らず知らずの間にも、今のワンちゃんの問題の行動を育て上げた要因でもあるのです。あなたが普通だと思っている何気なく行っている生活の中にこそ、ワンちゃんにとっては問題が潜んでいるのです。

 

だから、わからないうえに気づかないのだといいます。上辺の可愛さや単なる生き物としての目線でなく、ワンちゃんのことをもっと知ってあげることにより、必ず方法が見出だされると言っています。日本は海外に比べまだまだペット後進国なのでこれらの考えは、ペットを飼う上で今後の課題になってくると思われます。