ws000561

 

著作:前田和久

概要

緑内障を体の中から改善させるアプローチ方法について緑内障改善アドバイザーの前田和久が贈る「緑内障5アプローチ自宅でできる!緑内障改善プログラム」のマニュアルになります。

緑内障5アプローチでのメリット

「緑内障5アプローチ自宅でできる!緑内障改善プログラム」は緑内障の進行を抑えて改善に向かわせるための方法として緑内障のあらゆる心配の種、みえにくさや将来の失明の危機などこれらを抱える人に画期的デメリットの高いプログラムになっています。
また緑内障といえば最もポピュラーな方法として点眼薬や手術があげられていますがこれらだけでは改善できない理由についてもアドバイザーの前田氏はわかりやすく話しています。

 

点眼薬は緑内障の眼圧を低下させる治療法として多く用いられていますが、即効性は期待できず、使い続けることによって安定を保ちます。またこれらも長期にわたり使用することで副作用が発症する点もあり得ます。

 

レーザー手術については目にレーザーを当てるためにそれなりのリスクが相当されます。術後の経過は良くとも定期的に検査が必要となり再発も否めません。また通常の手術であっても視界が完全に回復するまでには届かず緑内障の進行を止めるためのものであるといわれています。

 

手術をしたにも関わらず術後は合併症の心配やさらには視力の低下などレーザー治療とは多少異なるもののリスクが考えられます。こちらのマニュアルはホリスティック、身体のバランスをコントロールする観点から緑内障改善に開発されました。

 

自宅で取り組むことができて将来的にも点眼薬を使用しなくても良くなってきます。リスクを覚悟しながら手術をする必要もなく安全な方法で緑内障を改善できるのです。

 

この教材をおすすめ出来る人

「緑内障5アプローチ自宅でできる!緑内障改善ブログ」はこの何年かでグッと視力が下がった、集中力が散漫(続けるのが難しい)、腰に痛みを伴う、下痢や便秘がち、手と足の関節が痛むに肩こり、かすみ目、頭痛が起こる、手足の関節痛、身体に倦怠感が生じるなど。

 

一見して緑内障とは何ら関係ない症状にも目の機能不全が要因して緑内障が進んでいる可能性もあります。緑内障診断された方におすすめの内容になります。

 

緑内障に対する間違いな思い込みや、症状の悪循環を理解してそれらを断つ方法、目のトラブルと血流の関係性について、自分自身でできる緑内障のセルフチェックなど、緑内障を誘発する3つあげられる身体のトラブルについてなど緑内障のメカニズムを早期発見でき改善できる方法についてを解明しています。

 

またストレスは万病のもとであることから改善術についても述べています。これらを5つのアプローチに分けながら順を追って実践し改善させていくことができます。

 

まとめ

マニュアル内では緑内障の原因は眼圧のみにとどまらない点にも触れており、また気になるこれらの点についても血流と自律神経にあるといいます。

 

緑内障5アプローチでは緑内障の2台原因ともいえる滞っている血流、自律神経の乱れの改善についても詳細にアプローチを投げかけています。最新の医学と前田氏の独自の改善技術により誕生した緑内障5アプローチでは決して改善できない病気でないことを多くの実証者で証明されています。

 

自律神経を正常値に戻しながら、心身のバランスを整えて行くことで緑内障改善へ導いています。生涯使う大事な目だからこそ完全にあきらめてしまう前に緑内障改善プログラムに足を止めていただきたいです。