ws000232

 

商品名: 医師が教える!男性のトイレが近い(頻尿)・尿漏れ・尿失禁を解決する方法

著作:関口由紀

概要

テレビ番組や雑誌など数々のメディアで注目を集めている、女性泌尿器科医 関口由紀先生がこの度新たに開発した【男性の「トイレの回数が多くて熟睡できない」を解決する方法】のマニュアルになります。

尿漏れ・尿失禁を解決する方法でのメリット

【男性の「トイレの回数が多くて熟睡できない」を解決する方法】は20年間女性の患者を救い続ける専門医の関口氏が新たに男性の排尿トラブルの改善法について述べています。男性の泌尿器の構造とおしっこの関係性、男性の骨盤内の臓器を支える筋肉について、前立腺と膀胱に溜まった尿との関係性でみえるもの、尿道に溜まった尿を、すっきりと出す方法についてマニュアルの内容となっています。

 

また男性の排尿トラブルの改善方法として「ながらトレーニング」を1日5分を3回実践しる方法をあげています。(例にあげると、毎食後、歯磨きをしながら5分間運動をする感じ)これらを行うだけで早ければ2、3週間で効果を実感することができるかつ簡単な解決方法なのです。また他にも食事による改善方法や、おしっこのあとも、しまった後に出てくる尿を
なくす方法、再発防止方法まで伝授しています。

この教材をおすすめ出来る人

泌尿トラブルで困ってい人。まだ尿意を感じないのに空き時間ができたからと事前にトイレに行っておく。飲む量を減らしてまでトイレの回数を減らそうとする。何度もトイレに行くと周りの目もあり極力我慢する。外出した際にはトイレの場所を探す。症状に変化が見られない薬を続けて飲んでいるなど、実はこれらのありがちな習慣こそ間違った知識だといいます。

 

また、多くのトイレが近い人、患者さんが早めにトイレに行こうと頻度が重なれば悪循環に陥るのです。しっかりとおしっこを出そうと踏ん張るクセがつき結果筋肉を弱めてしまう、膀胱に少ししか溜まってないのにトイレへ行くよう脳が促し、トイレ回数が必然的に増える、膀胱に尿が溜まる力が衰えていくという、どうにもならない悪循環が繰り返されるのです。また他に尿のトラブルにはよく似た2つのタイプ・症状があることがわかります。

 

g前立腺肥大は病院へ行かれて、過活動膀胱は自宅で改善することが可能です。尿意の原因を知り確かなプロセスを踏むことで症状を改善させていきます。

まとめ

尿意の原因の一つ過活動膀胱は国内で40歳以上の800人以上がこれらの症状で悩んでいるといいます。そのために病院へ行き処方箋を出してもらい一旦はおさまってもあくまで一時的なものに過ぎず、再発する可能性が高いといえます。お薬を飲んで治すということではなく、膀胱の働きを根本から正常値に戻しなお、再発しない体にするトレーニングは不可欠であり改善マニュアルでは自宅でもできる有効なトレーニングを推奨しています。

 

またこれらのおもな原因も病気によるもの、糖尿病脳卒中の後遺症脊髄の病気や筋力の低下があげられ伴い過活動膀胱に特化した骨盤底筋トレーニングは正しい実践方法により短い期間で改善が期待できます。こちらのプログラムは多くの人の薬やサプリメント以外で改善できないの?という声に応え関口先生の集大成ともいえる待望のマニュアルなのです。