手汗治療プログラム(SCM)~手術せず3ヶ月で手掌多汗症を改善する方法~

 

手汗研究会代表の小森正裕さんは、小学校4年生の頃に自分の手のひらの汗が変だと気が付きました。それから30年以上手のひらの多汗症である「手掌多汗症」に悩み苦しみました。

 

縁があって、手掌多汗症を理解してくれた女性と結婚して幸せでした。でも子供が出来たら奥さんの愛情が子供に移ってしまい、小森さんが奥さんに触れようとした時に「気持ち悪い」と言われショックを受けました。

 

いろいろな治療法を試し手術で治療出来ると知りドクターに診察してもらった結果「胸腔鏡下胸部交換神経切除術」という手術を勧められたのです。この長い難しい名前の手術は簡単には「ETS手術」と呼ばれています。この手術には再発が多くそれに再発より怖い副作用による代償性発汗があります。

 

小森さんは、再発の事や副作用の事を知って手術を受けるのを止めて2年間という時間とお金もたくさん使って探し出し手汗を改善するため、このプログラムを作りあげました。

 

手汗治療プログラム(SCM)~手術せず3ヶ月で手掌多汗症を改善する方法~のメリット

この教材では、手術やボトックス注射に頼らず自分の力で手掌多汗症を治療する方法が学べ15分という少しの時間で翌日には効果を実感できる治療方法を提供しています。2種類の教材は冊子配送版とダウンロード版があるのでご自宅で治療できます。

 

その上、購入されてから6ヶ月は無料のメール相談のサポートが付いていています。それでも効果が感じられない場合は全額の返金保証が付いています。条件がありますが、代金の全額を返金してもらう事ができるので安心して試すことが出来ますね。

 

この教材をおすすめ出来る人

・手のひらの汗が気になって何事にも積極的になれない人
・自分の人生にポジティブになりたい人
・手術しないで手掌多汗症を治したい人
・人と握手するのが苦痛な人
・手汗をかいてスマホの操作がしにくい人

上記に当てはまるなら確かにおすすめ出来る教材になっています。

 

まとめ

手掌多汗症を治す手術には「胸腔鏡下胸部交換神経切除術」簡単に言えば「ETS手術」がありますが、この手術には再発もあり副作用として代償性発汗も報告されています。小森さんが見つけた方法は、治療を始める前に準備として1時間程必要ですが、あとは1日15分というわずかな時間で治療出来てしまいます。

 

手掌多汗症は、人によって違いますのであなたに最適な治療方法が必要になります。購入後6ヶ月は何度でも無料でメールサポートを受ける事ができます。あなたもこのプログラムで手掌多汗症を改善して健康的で楽しい人生を送りましょう。